2008年05月29日

ワークスタイルの変革で「環境負荷」が減る

グリーンITの現在と未来 東大・江崎浩教授、日立・竹村哲夫氏対談


http://www.j-cast.com/2008/05/27020630.html
posted by yumi at 07:54| Comment(0) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

地球温暖化メルマガ

すっかりごぶたさしていました。

なんか最近目新しいニュースがなかったんですよね。
でも、地球温暖化は確実に進行しているようです。

エコバックやマイハシなんか使ってもなんか些細な
事で、もっとみんながやらないと効果も感じられません。

そんな折こんなメルマガを発見しました。

私もこれから購読しようと思いますが、よかったらどうぞ!

☆★1日2分で読める地球温暖化専門メルマガ 【Green】★☆
〜エコなビジネスを志して修行中のシステムエンジニアが発行!〜

http://archive.mag2.com/0000253614/index.html

「オルタナ」も有料になってしまったし・・・。

私たちの地球はどうなってしまうのでしょう?
ラベル:地球温暖化
posted by yumi at 12:41| Comment(0) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

エコプロダクツ2007 開催

地球環境問題の解決にむけて企業・団体が研究・開発した商品や取り組みを紹介するイベント「エコプロダクツ2007」が2007年12月13日から15日まで、東京ビッグサイトで開催される。08年に京都議定書の第一約束期間が始まるのを背景に、石油に代わるエネルギーの開発が進むなど環境に対する関心がこれまでになく高まるなか、注目の開催となる。

9回目となる今回は参加企業・団体は600で、06年の527社・団体を超える規模になり、ブースの数も1200にも及ぶ見通し。関東経済産業局、環境経営学会、環境goo事務局などによる約30のシンポジウムも予定している。入場者数は昨年を上回る16万人を見込んでいる。

JCASTニュースより


「化石賞」という不名誉な賞をもらった日本は頑張らないと
いけません。


バリ会議報告 本日の化石賞!

「化石賞」とは、国際NGOが、その日の国際交渉の中で、もっとも交渉を妨げている国を「化石」であるとして表彰する、極めて不名誉な賞です。しかも今回、日本は化石賞の1位、2位、3位を独占してしまいました。
posted by yumi at 09:37| Comment(0) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

レポート・無料ダウンロード


昨年のLOHAS 10の重要セッションの翻訳レポートを下記で
無料ダウンロードできます。


http://www.lohas-ba.org/about/index.html#report


私はもうダウンロードしました。


・・・まだ読んでいませんが。


ハーブとバラの食器・陶器雑貨なら洋食器ショップ【ティーポット】
陶器の素敵なシャンプーボトルもあります。

ラベル:LOHAS ロハス
posted by yumi at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LBA発足記念セミナー & 懇親会


LOHAS Business Alliance(LBA)の企画

7月17日(火)にLBA発足記念セミナー & 懇親会を開催します。

詳細はこちら

http://lohas-ba.org/blog/2007/06/lba.html

アメリカからはLOHAS会議の責任者で「LOHAS Journal」編集長
テッド・ニン氏が駆けつけれくれます。

また、日本からはIT×LOHASをテーマに、ネットエイジ代表取締役
西川潔氏、オーガニック×LOHASをテーマに法政大学教授 小川孔輔氏など、時代を拓くゲストをスピーカーにお招きしております。

ロハスに触れるには良い機会ですね!

ハーブとバラの食器・陶器雑貨なら洋食器ショップ【ティーポット】
ラベル:ロハス LOHAS
posted by yumi at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロハス・ビジネス・アライアンス(LBA)発足


井手敏和さんと大和田順子さんが一緒に、
ロハスビジネスをテーマとする団体、
ロハス・ビジネス・アライアンス(LBA)を発足致しました。

ロハス・ビジネス・アライアンス(LBA)は、LOHAS分野の
ビジネス支援のプラットフォームとして、健康と持続可能性
に配慮した事業創出をサポートしてまいります。

との事です。

井手敏和さん、大和田順子さん頑張って下さい。

LOHAS Business Alliance(LBA)
http://lohas-ba.org/


ハーブとバラの食器・陶器雑貨なら洋食器ショップ【ティーポット】
ラベル:ロハス
posted by yumi at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

ブラックイルミネーション2007

6月22日(金)〜24日(日)の3日間、環境省は「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施。施設や家庭の電気を消すように呼びかける。とくに、6月24日(日)の午後8時から10時を「ブラックイルミネーション2007」とし、東京タワー、六本木ヒルズをはじめ、全国主要施設が一斉にライトダウンする。

このキャンペーンと連動して行われるのが、NPO団体による「100万人のキャンドルナイト」。

poster_a1.jpg

「ブラックイルミネーション2007」

「100万人のキャンドルナイト」

20070622_01-m.jpg

灯りを消して、キャンドルナイトを楽しもう!


*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*

久々の更新です。

昨年は個人的に色々やってみましたが・・・

個人の力の限界を感じておりました。

やはり、政府規模の運動が必要です。

個人個人の努力はもちろん必要ですが・・・。

仲間がいれば、もっと楽しみながら出来るはず

日本をエコ先進国にしましょう!

あなたの応援で頑張れます。
人気blogランキングへ
posted by yumi at 07:35| Comment(0) | TrackBack(1) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

オルタナ第2号が発刊


オルタナ第2号が発刊されます。

5月下旬に発行される2号は、5月末までに登録された方に
無料で届けられます。

オルタナとはヒトと社会と地球を大事にするビジネス
情報紙です。

第2号の内容

1.第一特集「良いバイオマス/悪いバイオマス」
バイオガソリンの試験販売開始を機に、再びバイオマス
燃料に注目が集まっています。ただ、原材料も調達元も
多岐にわたるバイオマスをひと括りにして「夢のエネルギー」と
とらえることはできません。バイオマスのあるべき姿を探ります。

2.第二特集「外食企業、脱・トランス脂肪酸への挑戦」
米ニューヨーク市で使用禁止が決まったトランス脂肪酸。
摂取しすぎると動脈硬化の要因になるにもかかわらず、
日本ではまだ危機意識は高くありません。
米ケンタッキー・フライド・チキンなど脱・トランス脂肪酸の
先駆者たちの動きをとらえ、その戦略を解説します。

3.環境・健康・社会貢献モデル企業シリーズ
創刊号の「他とは違う51社リスト」の中から、国内と海外の
各1社を取り上げ、詳細にレポートします。
今回はインターフェイス(米国)と池内タオル(愛媛県)です。


ご希望の方はこちらから申し込み出来ます。
↓↓↓
http://www.alterna.co.jp/


あなたの応援で頑張れます。
人気blogランキングへ
posted by yumi at 12:37| Comment(0) | TrackBack(1) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

LOHAS起業塾・開催予定


今年も【LOHAS起業塾 基礎コース】を5/12に開催いたします。
⇒ http://www.showaoc-woman.net/study/study2/index.html
 (下の方に出ています)
 
内容は
第一部 LOHAS概論 講師:大和田順子
LOHASとは何か LOHAS誕生の経緯−思想的背景、5つのマーケット
LOHAS層のライフスタイル 価値観、生活行動、消費行動解説
LOHAS企業事例 LOHASビジネスのポイント理解、事例研究方法

第二部 LOHASビジネスプラン 講師:水津陽子
LOHASビジネステリトリーMAPで、自分の事業の新たな可能性を探す。あなたのLOHAS度「ライフ、ワーク&ビジネススタイル」チェックLOHASビジネス自己資源・自己特性分析、LOHASミッションステートメント

第三部 LOHASビジネス事例研究&ミッションステートメント発表会
ゲストLOHASビジネス・起業家・実践者の講演
ビジネスプラン・ミッションステートメントの発表と評価

LOHAS層については、昨年11月に調査会社インテージによって行われた調査結果に基づき、また企業事例については国内外の中小企業をはじめ「日経エコロジー」の連載で取材している大企業の事例も盛り込みます。
 
大和田順子さんより


あなたの応援で頑張れます。
人気blogランキングへ
posted by yumi at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

野口嘉則さんのメルマガから


久々に野口嘉則さんのメルマガが届きました。

内容を転載させて頂きます。

『不都合な真実』色々なところで反響を呼んでいるようです。

もっと、地球について考えてみましょう!

私達に出来る事は何なのか考えてみましょう!

─────────────────────
■ 映画 『不都合な真実』 を見ましたか?
─────────────────────

先日、映画 『不都合な真実』 を見てきました。

この映画、アメリカで公開されるやいなや、ドキュメンタリー映画史上に残る記録的なヒットとなった作品です。

「タイム」「ニューヨーク・タイムズ」「ワシントン・ポスト」などの有力紙もこぞって絶賛し、本年度のアカデミー賞にもノミネートされています。


日本でも先月から映画が公開され、また、書籍版もすごく話題になっていますね。

(書籍版については、以下のURLでAmazonのページに跳びます)
http://www.amazon.co.jp/dp/427000181X/ref=nosim/?tag=siawaseseikou-22



映画の内容は、アメリカの前副大統領アル・ゴア氏が、地球温暖化によって引き起こされる世界的な危機を訴えるドキュメンタリーです。

ゴア氏は世界各国で、これまで1000回以上も、地球環境に関するスライド講演を開いてきたそうです。

この映画の中でも、数々の衝撃的な情報やデータを紹介しながら、今すぐ私たちが迅速かつ大胆に行動する必要性を説いています。



地球環境の現状について知れば知るほど、早急に全人類的な規模で行動を起こす必要性を、私は感じます。

それと同時に、地球環境の問題は、私たち人類が、生き方について見つめなおすチャンスでもあると思うんです。


それは、“真に幸せな生き方”に気づくチャンスです。

真に幸せな生き方とは、私たちの子孫の代まで幸せが永続するような生き方です。



まず考えてみましょう。

私たちが今のままの生き方を変えなければ、子孫にどんな地球を残すことになるのでしょうか?



ここで確認してほしいのですが、あなた自身は、今の地球環境の現状について、どのような認識をしていますか?

そしてその認識は、どのような情報に基づいていますか?



「地球は本当に温暖化しているのか?」
「その原因は人間なのか?」
「その結果は、本当にただちに行動を取らねばならないほど危険なものか?」

これらの問いに対して、実は、科学者たちの間では、一致した結論が出ているようです。


ジム・ベイカー氏は、米国立海洋大気庁の長官を務めていたとき、温暖化の問題について、次のように述べました。

「この問題以上に、科学的な意見が一致している問題はほかにはない。あるとしたら、ニュートンの力学法則ぐらいだろう」


また、サイエンス誌の編集長であるドナルド・ケネディ氏も、温暖化に関する意見の一致度合いについて、こう言っています。

「科学において、この件に関する意見ほど皆の見解が一致することは、まれである」


つまり、「地球温暖化の進行によって地球が危機的状況に瀕していること。その原因が人間であり、それも先進国の人たちのライフスタイルであること」 は、科学者レベルでは一致した認識になっているのです。

ところが、一般大衆レベルでは、ごく一部にしか危機的状況が認識されていないのです。



専門家による気候変化に関する調査(2004年「サイエンス・マガジン」)によれば、専門家たちが地球温暖化対策を支持した論文は928もあり、一方、温暖化対策を否定した論文はゼロでした。

これが専門家たちの認識です。

温暖化の原因を疑ったり、対策を否定する論文の確率は 0%なのです。


一方、一般大衆の認識はどうかというと、

米国で過去14年間に大衆向け新聞に掲載された温暖化関連の記事は 636あり、その中の53%は、温暖化そのものを疑う内容の記事なのです。


専門家たちが必死になって危機を訴える一方で、多くの大衆は、何も心配するほどのことはないかのように、今までどおりのライフスタイルで生きているわけです。

そして実際、科学的根拠のない楽観論が、大衆向け新聞に掲載されているわけです。

なぜ、このような大きなギャップが生じているのでしょうか?



地球環境の現状(=真実)を認めてしまうと、すぐに道義的な行動を起こさなければならなくなります。

これは、多くの政治家にとっても、企業にとっても、財界の人たちにとっても、都合が悪いことのようです。

科学的根拠がなくとも、温暖化そのものを疑う説を支持するほうが都合がよいというわけです。


また、今までの生き方を変えたくない多くの人にとっても、地球環境の真実を認めることは、不都合なことなのかもしれません。

彼らも、温暖化そのものを疑う説を受け入れます。



さて、南極の氷を調査すると、過去65万年間の二酸化炭素濃度と気温がわかるそうです。

(65万年前というと、ペキン原人とかの時代よりも、さらに昔ですね)

その調査によると、今の地球が異常な状態にあること、そして、私たちが今のままの生活をする限り、これから地球の温暖化がさらに加速していくことがわかります。

地球の気温の上昇につれて、ハリケーンや台風が巨大化し、一方、下降気流によって干ばつの被害を受ける地域も広がるそうです。

また、気候の変動によって、農業や漁業が大打撃を受け、世界的な食糧危機が訪れるとのこと。

そうなると、食糧自給率が異常に低い日本は、特に深刻な影響を受けることになります。




今、私たちは、現実を直視する勇気を持ち、そしてプラス思考で行動を起こす必要があるのです。


具体的な行動としては、省エネルギー型のライフスタイルに切り替えることが大切ですね。

一家団らんも省エネルギーになります。

家族が一つの部屋に集まり、同じ時間にいっしょに食事をしたり、また親子でお風呂に入ったり、・・・

こうすると電気などのエネルギーを節約できますね。


ただ、そうした対策を打つだけでなく、根本的に生き方を見つめなおす必要があると思うのです。




人類の文明社会が興ってから今日までに、この地球上から多くの生物が絶滅してしまい(現在も、1年に5万〜15万種の生物が絶滅しています)、地球環境も危機的状況に陥ってしまいました。


それは、私たち人間が、「人類も自然の一部であること」 を忘れてしまったことが大きな原因であると思うのです。


私たちは、まるで人類こそがこの地球の主役であるかのように考え、その考えを前提として文明社会を発達させてきたのだと思います。

自然を、「人類によって征服され管理されるべきもの」「人類の便利な生活のために利用されるべきもの」 と捉えてきたのです。

その結果、森林を破壊し、生態系を狂わせ、オゾン層に穴をあけ、地球温暖化まで引き起こしてしまったわけですね。




古代の日本では、自然を敬い、自然の森羅万象すべてを神として崇め、自然によって生かされていることに感謝して生活しました。

私たち人間の生活が自然の恵みの上に成り立っていることをわかっていたので、自然の秩序を乱すような行為や営みは行いませんでした。

つまり、「人間も自然の一部である」 という謙虚さを持っていたのです。


こうした自然観は、古代の日本人だけのものではなく、インドのウパニシャッド哲学、ネイティブ・アメリカンやアボリジニの人たちの自然観などにも共通しています。


現代の私たちは、こうした自然観に学ぶ必要があるのではないかと思います。

場合によっては、今まで拠りどころにしてきた価値観を手放す勇気が必要になるかもしれません。



これを機会に、あなたも“真に幸せな生き方”について考えてみてはどうでしょうか(^_^)


あなたの応援で頑張れます。
人気blogランキングへ
posted by yumi at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

ブッシュ政権が気象学者に圧力


こんなニュースが飛び込んできました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

[米国]ブッシュ政権が気象学者に圧力 民間団体が調査公表

 【ワシントン和田浩明】ブッシュ米政権下で連邦政府機関に勤務する気象学者のうち150人が、過去5年間で延べ435回にわたって「気候変動」という言葉を報告書から削除したり研究結果を政権の方針に合わせるよう求められるなどの「政治的介入」を経験していた。米民間団体「憂慮する科学者同盟(UCS)」などが30日公表した調査で明らかになった。


 ブッシュ政権は温暖化防止対策を定めた京都議定書から離脱し、最近まで地球温暖化と経済活動の因果関係を疑問視する姿勢を維持していた。昨年11月の中間選挙での与党共和党の大敗を受け、大統領は23日の一般教書演説で温暖化は「深刻な問題」との認識を示したものの、連邦レベルでの温室効果ガス規制には依然難色を示している。UCSは今回の調査で「政権ぐるみの気候科学への介入が明らかになった」と同政権を厳しく非難した。


 調査結果は下院政府改革委員会の公聴会でも報告された。それによると、約300人の政府関係機関の気象学者のうち、46%が「気候変動」「地球温暖化」という言葉を削除するよう圧力を受けたことがあると回答。43%が、研究結果の科学的意味づけが変わってしまうような内容の変更を強いられていた。25%が、介入の結果、科学者が辞任したり研究への参加を辞退した例を知ったり経験したりしていた。


 公聴会では05年まで米政府機関の気候変動研究に携わったリック・ピルツ氏も証言。米石油業界関係者でホワイトハウス環境評議会の幹部が、研究報告書に手を入れて地球温暖化の影響の印象を弱めようとした、などと主張した。


 政府改革委のワックスマン委員長(民主党)は、ブッシュ政権が気象関連研究の結果を操作しているとの批判が、長年あったと指摘。同委が調査目的で関連書類を求めてもホワイトハウスなど連邦機関が拒否している、と強い不快感を示した。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地球温暖化をテーマにした。
アル・ゴアさんの映画、「不都合な真実」が今話題です。

国家レベルでは、京都議定書があり、加入していないアメリカ
も13州が同様の温暖化防止へのプログラムを発表するなど
世界中で、温暖化防止への取り組みが始まっています。

アメリカ人でも真剣に取り組んでいる人がいるんです。

ブッシュ大統領のこうした行為は許されるものでは
ありません。

私は以前からブッシュ大統領に不信感をもっています。

アメリカ人ではないので、選挙には参加出来ませんが
私だったら、絶対にブッシュ大統領には投票しません。

何故、当選するのか不思議です。

一部ではコンピューターを操作したという疑いがありますが
定かではありません。

ブッシュ大統領には即行、大統領を辞めて頂きたい。

あなたの応援で頑張れます。
人気blogランキングへ
posted by yumi at 09:18| Comment(0) | TrackBack(3) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

地球温暖化・加速


お久しぶりです。

なかなか更新出来なかったのですが

今日、ロハスプロデューサーの大和田順子さんのメルマガが
届き衝撃的な記事が載っていましたので転載します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 トピック どうする温暖化&気候変動 
   ポイント・オブ・ノーリターンまであと10年!?   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

年末に東大の山本良一先生をお訪ねし、温暖化についてお話を伺ってきました。皆さんご存知のことばかりかもしれませんが私は改めて、こんなに〜っ!と驚いてしまいました。

「2006年、情勢は一変しました。
歴史的な年と言っても過言ではないでしょう。
それは、世界各地で温暖化の急速な進行を報告する観測結果や、今後を予測するレポートが相次いで発表されたからです。
中には21世紀の後半になったら起きるであろうと考えられていた現象がすでに次々と現実化しているのです。

昨年1月には、科学者ジェームズ・ラブロックが、『ガイアの復讐』という本の中で、もう手遅れだと主張しました。
そして・・・
 
・北其海氷が急激に減少している:1979年以降、年間おおよそ0.15%ずつ減少してきた海氷が、2004年、2005年と続けて6%ずつ減少。北其海氷にいたっては、2005年10月から2006年4月にかけて、72万平方kmという日本の国土の約二倍の面積に相当する氷が溶けた。
(カリフォルニア工科大学のジェット推進研究所と
NASAのゴダート・スペース・フライト・センターの研究)
 
・シベリアの凍土が融けて湖が出現:ここ3,4年で東シベリアの凍土が溶けて、巨大で浅い湖が出現。メタンガスが噴出している。
(アメリカ、ロシア共同研究)

・この30年間で0.6度地球の温度が上昇:温暖化は以前の3倍のスピードで加速している。
(NASA、2006年9月発表)

・全世界の山岳氷河が溶け出している:山岳氷河は、アルゼンチン、ペルー、アラスカ、アイスランド、ノルウェー、ヨーロッパアルプス、ケニア、ヒマラヤ、ニュージーランド、南其、インドネシアの世界各地で後退している。ヨーロッパアルプスでは、氷河の面積は過去5000年で最小にまで後退した。
(グリーンピース調べ)

こういう危機的な状況が世界各地で起きているのです。」

最近のシミュレーションでは、温暖化のポイント・オブ・ノーリターン(引き返すことのできなくなる時点)は、2016年頃になるだろうと言われています。

今から10年も無い!!!

2026〜2050年に気温が2度上がれば、気候変動がもっと激しくなる。今年生まれる子供が成人を迎える頃ですよね。
3度上がれば気候は激変する。孫の時代じゃありませんか。

この10年、私たちがどんな生活を、どんなビジネスを、社会の仕組みを選択するかで未来が決まってくる。

そんな重要な時期に、私たちはLOHASという考え方に出会い興味を持ち、自らのライフスタイル、ビジネススタイルを変えて、サステナブルな社会を創りたいと思っている。

「LOHAS10」でのポール・レイ・士のスピーチを思い出しました。

「志を同じくする人たちの知恵が集まり、惑星規模で技術的、社会的、文化的な新しい創造が高まりつつあります。
あなたが、心から望む世界を教えてください。」
 
私たちはどのような持続可能な社会を実現したいのか?
まず、自分自身が”心から望む世界”のビジョンを持たなければなりませんね。できるだけ具体的に、描き、表現する。そして人に伝えていく。

この現実を知り、変えていけると気づいた私たちは大変幸運だったと思います。
あとは、ポジティブに行動するのみです。
ご一緒に加速させていきませんか!

iモード  iモード  iモード  iモード  iモード  iモード  iモード  iモード  iモード

これを読んで驚愕しました。

子供たちに美しい安全な地球を手渡すためには
私たちは何をすればいいのでしょう?

私たちが出来る事は本当に限りがあります。

もっと地球規模で立ち向かわなくてはいけないのでは

日本の昔の生活がもっともロハス的でした。

しかしアメリカ的な生活になり、便利で楽な生活を
知ってしまった私たちはもう後戻りする事は出来ません。

車の排気ガス・スーパーのゴミ・肉食中心の食事

快楽を求めた事によりツケが回ってきたのです。

それに続いて中国も・・・。

中国の人口は日本の10倍

もうどうする事も出来ないのでは?

悲観的になってしまいますが、まず自分で出来ることから
始めましょう!

それが微々たるものでも、みんなが力を合わせて・・・。


あなたの応援で頑張れます。
人気blogランキングへ
posted by yumi at 09:30| Comment(0) | TrackBack(1) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

オーガニックEXPO開催される

喫茶店 洋食器ショップ【ティーポット】へ
ぜひぜひお越し下さい♪soon ココをクリックして下さいかわいい



2006年9月21日(木) - 23日(土・祝日)

第6回オーガニックEXPOが開催されました。

場所は東京ビックサイト

ドイツ・ニュルンベルクで開催される世界最大の有機専門見本市「BioFachワールド・オーガニックフェア」を母体として、2001年に発足した「BioFach JapanオーガニックEXPO」。今年で6回目を迎えるBioFach JapanオーガニックEXPOは日本で唯一「有機」に特化した、明確な出展基準を有する専門見本市です。内容は、回を重ねるごとに有機農産物などの食品から直接肌に触れる衣類・化粧品、アロマ・ケア用品、ペット用品などの日用品、さらには人に安全・健康で食べ物への移染のない有機空間の提案までと広がってきました。


詳しくはコチラから


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


本当は行く予定でいましたが・・・。

ああカン違い!

24日までだとばっかり思い込んでいて

前日の23日に入場券をみたら、終わっていました。

大ショック!!!

無料入場券も頂いていたのに・・・。

ここのところ色々あって忙かったのですが

バカですね!

でも普通、日曜日までやると思っちゃいますよね!

私だけかしら?

この場でご報告する予定でした。

今年はセミナーが充実していたそうです。

残念!!!


あなたの応援で頑張れます。
人気blogランキングへ

posted by yumi at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

ソフトアイ

喫茶店 洋食器ショップ【ティーポット】へ
ぜひぜひお越し下さい♪soon ココをクリックして下さいかわいい



イデトシカズさんのメルマガで紹介されていました。

今年の5月にサンタモニカで開催されたLOHAS 10フォーラムの冒頭のキックオフ・スピーチで出会った素敵な言葉です。

健康業界のカリスマとして、西洋医学、東洋医学、トランスパーソナル心理学、ヨガ教師などの学位を持ち、TVキャスターなどもこなすJames Rouse博士のユーモアたっぷりの素晴らしいスピーチでした。

そのビデオは、LOHAS 10のサイトで公開されています。
(英語ですが雰囲気はつかめると思います)

http://www.lohas.com/forum/video.html

「ロハスの輪を世界に広めるには、今あなたの隣におられる知らない方とお互いに【ソフトアイ】で見つめ合ってください。もし応じない人が居たら、ヨガの【戦士のポーズ】で注意しましょう」というユーモアたっぷりの呼びかけに応じて、参加者同士が穏やかな視線を交わし、とても友好的な雰囲気で会議が始まりました。

このソフトアイという言葉、文字通り「穏やかな視線」という意味だと思っていたのですが、もっと深い意味があることを知りました。

先週末に、フォトリーディングのセミナーに出席しました。フォトリーディングは、右脳も駆使して早く、そして効率的に読書を行うメソッドです。その効果は単に読書に留まらい潜在能力開発と言って良いでしょう。

ロハスの「自己開発」分野の中でも非常にお薦めのスキルです。

フォトリーディングを行う時に、本の文字に焦点を合わさずに、本全体を視野に入れる見方、それをソフトアイと呼ぶそうです。

ちょうど一時期はやった3Dアートを浮かび上がらせるような視野です。

James Rouse博士が言っていたソフトアイも、きっとそういう意味を含んでいたのですね。うーん、深いなぁ…(笑)

このソフトアイで本を見ることで、潜在意識に本のイメージを焼き付ける効果があるそうです。言ってみれば右脳を活性化する視線ということが出来ます。

いずれにしても、ソフトアイを身に付けることは、人間関係にも自己開発にも役立ちそうですね。

フォトリーディングに興味のある方は、下記の公式サイトや、私が受講した
山口佐貴子さんのサイトをご覧ください。

 ●フォトリーディング公式サイト
 ┗ http://www.photoreading-japan.com/photo/index.html

 ●山口佐貴子さん(日本一の女性インストラクター)
 ┗ http://www.e-photo-sokudoku.com/

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

目は口ほどにものを言いといいますが、ソフトアイ素敵ですね!優しい目線で見れば、相手の方も優しい気持ちになるし、逆に睨まれたらとてもいやな気分になりますものね。今日からソフトアイでいきましょう!

フォトリーディングもとても興味があります。でも1日1冊読めたらどうしましょう!本の山になりますね!図書館でも通いますか?

あなたの応援で頑張れます。
人気blogランキングへ
posted by yumi at 23:33| Comment(0) | TrackBack(2) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

小諸なる〜ロハス

喫茶店洋食器ショップ【ティーポット】へ。ぜひぜひお越し下さい♪
soon ココをクリックして下さいかわいい


LOHASプロデューサーの大和田順子さんのメルマガから

LOHASなまちづくりを進める長野県小諸市では、移住して
きた(といっても、もう数十年お住まいですが)人たちが
「エコエネ研」という NPOを作り、市に働きかける中で、
太陽光発電を全小中学校に設置するなど取り組みが始まっ
ています。

小諸は標高が千曲川(520m)から浅間山(2,568m)にまで
広がり、また、年間降雨量が少なく、日照時間が長いこと
から 「陽のあたる坂のまち小諸」がキャッチフレーズに。 
2000年3月にはISO14001取得し、昨年からLOHAS関連の
取り組みを開始し 地産地消/食育/長期滞在型観光・
グリーンツーリズム/健康づくりなどに 取り組んで
おられます。

パンフフレットによれば、
・持続可能な経済:自然エネルギーの推進(全小中学校に
 太陽光発電を設置/川にマイクロ水力発電設置)/森林
 再生プロジェクト等
・健康的なライフスタイル:農産物直売所/地産地消/自
 校給食
・代替ヘルスケア:ホリスティックな疾病予防
・自己開発:国際交流フェスティバル/ヨガ教室/自己啓
 発講座
・環境配慮のライフスタイル:ペレットストーブ/環境配
 慮公共施設
 などなど

以上のような取り組みをしているようです。

小諸とは私も縁が深く、軽井沢が好きで、結婚式も軽井沢
で行い、別荘をほしいと思っていましたが、その当時は
バブル真っ盛りで、とても軽井沢では買えそうになく
近場の小諸に土地を買ったのですが、資金力乏しく、未だ
に建物は建っておらず、土地のまま所有しています。

子供達が小さい頃に自然の中で遊ばせたいと思いましたが
夢は実らず、そのうちバブルがはじけ、土地の価値はどん
どん下がり、売るわけにも行かず、もてあましていました。

今回の話を聞いて、ロハスを推進しているのなら、老後の
住処にしてもよいかな?と思いました。

小諸は軽井沢のように、開発が進んでいないので、多くの
自然がそのまま残っています。

ロハスを推進していくのにはピッタリな町だと思います。

また、小諸は島崎藤村が教員をやっていた場所としても
有名ですが、私はこの藤村ともなんとなく縁があり
小学生の時の好きな歌はヤシの実?(名も知らぬ遠き島
より流れよるヤシの実1つ)という藤村の作詞の歌。

又、中学生の時の好きな詩は「千曲川旅情の詩」
「初恋」等の藤村の詩

高校の時には「破壊」に深く感動したものでした。

それから大人になってからも、藤村の本を読みあさり
ましたが、肝心の「夜明け前」のみ難しく読み残して
おります。

おりしも、今年は藤村が「破壊」を自費出版してから
100年の節目ということですので、久しぶりに小諸
を訪れてみたいと思いました。

ロハスの話から藤村の話になってしまいました。
もちろん小諸のロハスの取り組みも見てみたい
と思っています。

あなたの応援で頑張れます。
人気blogランキングへ

posted by yumi at 22:39| Comment(14) | TrackBack(1) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

Summer LOHAS Night II

喫茶店洋食器ショップ【ティーポット】へ。ぜひぜひお越し下さい♪
soon ココをクリックして下さいかわいい



イデトシカズさんの2冊目の本の出版を記念して
Summer LOHAS Night II(真夏の夜のパーティー)
が開催されます。

■日時:9月1日(金)19:00-21:30 (受付18:30〜)

■場所:レストラン TAMA (外苑前) :MAP

■料金:8,000円(事前申込&お支払、400snポイント進呈)、10,000円(当日)

■定員:50名(先着順。事前申込多数の場合、当日受付はいたしません。悪しからずご
了承ください)

■ゲスト&内容

●みのわ愛さん (デュークズウォーク公認スタイリスト)
デューク更家さんの10名の一番弟子の一人。当日は大人気のデュークズウォークのミニ講座を行って頂きます。

●ライブ演奏
sae(P&Vo) & yu (Bs)、宮浦清さん(Sax)、イデトシカズ(Gt)
夏の夜にふさわしいJazz & Bossaのセッションです。

●シーフード&ベジタブル料理のバイキング、フリードリンク(TAMA HPより)当店では、お客様に安全で安心、そして何よりも美味しく召し上がっていただく為、素材と鮮度にこだわり、温暖な気候と豊かな土壌で知られる神奈川県三浦半島の三崎にTAMA農園を確保しました。さらに、地元猟師の方々のご協力で捕れたての天然地魚を毎日入荷出来るシステムを導入しております。

野菜は夜発注し、朝日が昇る前に収穫された泥付きの無農薬野菜を、魚貝は早朝の漁で水揚げされた様々な鮮魚が、その日の内にお客様のテーブルへと並びます。

●素敵なロハスグッズがもらえるゲーム大会も用意しています。

とりあえず私は参加の方向で考えています。

あなたの応援で頑張れます。
人気blogランキングへ
posted by yumi at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

3分間スピーチ

喫茶店 洋食器ショップ【ティーポット】へ
ぜひぜひお越し下さい♪soon ココをクリックして下さいかわいい


今日は学校で3分間スピーチのお当番でした。

スピーチの内容は自由ですので・・・。

前回はLOHASUについて語りました。
特にシーフードベジタリアンの話が中心でしたけど

シーフードベジタリアンは今でも継続しております。
肉・卵・牛乳は、ほとんど食べておりません。

ほとんどというところが微妙ですが、卵はそのまま
食べませんが、どうしても少量は食品に混ざって
しまいます。揚げ物の衣とかケーキとかは食べて
しまいます。

今回はW杯におけるドイツの環境への取り組みを
話しましたが、準備が万全ではなく、少々上がって
しまいました。

資料は充分に取り揃えておきましたが、資料の棒読み
がほとんどで、先生にも指摘されてしまいました。

しかし、自分的には大変勉強になり、エコ先進国
ドイツはさすがです。

前回の日韓W杯の時には、韓国は結構、環境配慮が
あったそうですが、日本は全く無し。

W杯後も韓国は積極的に環境問題に取り組んでいる
ようです。日本はサッカーの応援ばかりに目を向けて
(もちろん私も応援してますけど)
環境問題には無関心のようです。これでは環境後進国
になってしまいます。

頑張れ日本!サッカーも!環境問題も!

あなたの応援で頑張れます。
人気blogランキングへ

posted by yumi at 22:57| Comment(0) | TrackBack(1) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

ワールドカップ始まる!

喫茶店 洋食器ショップ【ティーポット】へ
ぜひぜひお越し下さい♪soon ココをクリックして下さいかわいい


いよいよワールドカップが始まりました!

今回のW杯で排出される二酸化炭素はオフセットされるそうです。

オフセットってなあに?と言う方はこちらイデトシカズさんの
ブログ
をご覧になって下さい。

FIFAワールドカップでは、オフィシャルサイトの一部に、
「グリーン・ゴール」のページを設けています。

「グリーン・ゴール」さすがエコ先進国ドイツのW杯です。


地球環境を大切にしましょう!


あなたの応援で頑張れます。
人気blogランキングへ

posted by yumi at 17:42| Comment(0) | TrackBack(1) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

アルカス・カフェ2日目

喫茶店 洋食器ショップ【ティーポット】へ
ぜひぜひお越し下さい♪soon ココをクリックして下さいかわいい


又、アルカス・カフェ行ってきました。

今日は写真付きです。

060509 001.jpg 060509 002.jpg
アルカス・カフェ外観

今日のランチはプリッとエビのタルタル丼

060509 005.jpg

サラダと味噌汁付き

ごはん(玄米)の上にサラダとエビのから揚げが
のっていてタルタルソースがかかっている感じです。

エビがあつあつで美味しい。

箸が割り箸じゃなく普通の箸を使っているところが
環境に配慮していて、またいい感じです。

食後に又オーガニックコーヒーを飲みました。

060509 006.jpg

前にも言いましたが、オーガニックコーヒーは
気分が悪くならないので、嬉しいです。
かわいいクッキーが添えられています。

アルカス・カフェお気に入りですね!ランチメニュー
制覇したいと思います。

あなたの応援で頑張れます。
人気blogランキングへ

posted by yumi at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。